週間販促担当者

マーケティング

プレゼンですんなり納得してもらえるグラフとは?

プレゼンや会議ですんなり納得頂く 事に適したグラフの使い方

小売店様の販促コンサルティングさせていただいている時に、主力商品と違う価格帯の商品をご提案することがあります。

その際、クライアント様からたびたび頂くご質問はこちら。

「なぜその価格帯の新商品を勧めるのか?」

そのなぜ?を提出済みの企画書でご説明するよりも、シンプルなグラフを使って説明するほうが、すんなり納得いただくケースが多いと感じています。

そこで効果的なのは、現状の把握と「こうなったらいいな」という期待感を可視化すること。

そこで今回のテーマは、プレゼンの時にすんなり納得してもらえるグラフの使い方をお話ししたいと思います。

クライアントの納得感を得るには可視化できるグラフがおすすめ

「冒頭べらべらひっぱっておいて、可視化かあ」

「知ってるよ、そんなの」

などなど、心のお声が聞こえてきそうですが・・。

あらためて、「可視化してわかりやすくすること」がプレゼンでは何よりも大事です。

社内社外のプレゼンでもミーティングでも、可視化がハマった時の周囲の納得感やまとまり感が心地よく、個人的に可視化は多用しています。

手法多々ありますが

・表組み(テーブル)
・各種グラフ(棒グラフや円グラフなどなど)
・フローチャート
・マッピング
・ベン図
・ツリー(WEBならサイトマップの様な)

などがありますね。

今回は、現状の認識把握によく使う、シンプルな販売価格(Y軸)と販売数(X軸)のグラフをご紹介します。

販売価格と販売数のグラフとは?

販売価格と販売数のグラフ

実際に例を挙げながらご説明しますね。

例:商品開発に悩むEC店様
顧客 パーティグッズを取り扱うECサイト
主力商品 市場価格最安値のフォトプロップス*1
課題 売上げアップのために、新商品を追加したい。
だけど、どの価格帯の商品を作っていけば良いかよくわからない

上記の顧客に対し、現状把握を行い、且つ新商品の見込みまで立てることができるグラフです。

低価格帯はよく売れる

現在の主力商品は、業界最安値に価格をおさえた、「よく売れる商品」です。

市場価格を鑑みて、コストをおさえたいわゆる「薄利多売」商品が主力のままでは、今後苦しくなるのがわかります。

そこで提案するのは、高価格帯の商品です。

中価格&中販売数を狙う

その価格と高性能・希少性ゆえ販売数が少なくなる傾向にありますが、製造コストにさえ気をつければ、手元に残る粗利益の確保が見込めます。

低価格帯の商品だけの不安な状況を打破まではできないかもしれませんが、低価格帯商品に依存するリスクは軽減できます。

低価格と高価格の商品の次にご提案するのが、中価格と中販売数です。

中価格帯をオススメすることが多い

例えば、単品で安価だったフォトプロップスをセット販売する。

選べるデザインを増やして選択肢を増やす。

といった、薄利多売に陥らないために、主力商品に成りうる中間を拡充していくことが大事ですよ!とお伝えしています。

しかし本当に狙いたいのは、グラフ右上に位置する、「価格が高くても良く売れる商品」です。

でも狙うのは高価格帯で売れ筋商品

「価格が高くても良く売れる商品」には、商品価格、品質、等級以外にお店や運営会社の社会貢献の姿勢、使った方々の口コミ、使うとどんないいコトがあるのか、誰にオススメなのか、どんな時にオススメなのかなど。

商品の価値が伝えるコミュニケーション案をご提案しています。

長くなりましたが、状況を「可視化」して経営状況やこれから進むべき道を共有し、納得して頂くことはとても難しいと思われている店舗運営者様、経営者様が多くいらっしゃいます。

お店の現状や今後の展開をわかりやすく整理するための解決方法として、今回の記事をお気に留めて頂ければ幸いです。

最後に、みなさまの事業運営の活性化を願って。

この記事を書いた人

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二