週間販促担当者

マーケティング

コトを発信するための3つのポイント 〜Ver.2〜

お世話様です。

販促アドバイザー 上野です。

随分と肌寒くなり、冬が近くなってきましたね。
街中にある広告も、
暖かさを訴求するポスターやディスプレイPOPが目立つようになってきました。
体調にはお気をつけください。

今回は、前回に引き続き『コトを発信するための3つのポイント』のうち
【②どんなお困りごとや興味があるのか】についてを
お話ししていきたいと思います。

前回の記事で絞ったターゲットは、
一体どんなコトに興味があるのでしょうか。

例えば、
「日中はパートをしていて、高校生の息子がいる主婦」と、
ターゲットを絞ったとしましょう。

ここでは、どんなお困りごとがあるでしょうか。

===============================

・忙しくて自分の時間がないと感じている

・出来るだけ、時間を短縮したい

・毎日、やることが沢山ある

・晩御飯とお弁当の献立づくりが大変

===============================
などなど、ターゲットによって、沢山イメージが出来ます。

ここが、興味のポイントなんです。

自分が困っていることは、共感・関心が自然に湧き
いつでも目に留まりやすいですよね。

発信者が“発信者の目線”で商品の発信を行うよりも、
このお困りごとについて発信する方が、興味を持ってもらえます。

まずは、ターゲットであるお客様が、
どんなお困りごとや興味があるのかをイメージするところから
着想してみてはいかがでしょうか。

ーーーーーーーーーー

3つ目のポイントとなる、次回は
【どんな良いことがあるのかを伝える】編についてお話ししていきたいと思います。
おたのしみに〜!

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二