週間販促担当者

売りたいものが売れない

POPの書き方とコツ~売れる販促の基本~

販促物の基本であり、結果もすぐに分かるPOP(ポップ)。

小売店をされている方は、店頭で商品にPOPを付けていることも多いと思います。

今や、コンビニやスーパーでも一般的ですよね。

どうせPOPをつけるなら、反応があるほうがいい♪・・ということで、

POPに限らず、ちょっとしたことで反応は確実に変わってくるので、POPの書き方とコツをお伝えします!

書き方のコツ1:商品名からアピールしない

反応の出るPOPを書く時のポイントは「商品名からアピールしない」こと。

例えば、青森産のリンゴがあったとします。

たとえば、POPを書く時に・・

青森産 リンゴ

リンゴ農家 青木さんが作った
甘くて美味しいリンゴ!

1個200円

と書くよりも、

甘さの秘訣は熟成期間にあった!

あの青森のリンゴ農家
青木さんが作りました
一度食べたら忘れられない味

青木さんのリンゴ 1個200円

と書くほうが、確実に反応がいいのです。

そして、書く順番にもコツがあります。

反応のいいPOPを書くには、商品名から書かないこと。

という順番で、ぜひ書いてみてください!

商品名から書くよりも、この順番で書くほうが確実に反応が上がります。

書き方のコツ2:自己主張ではなく、理由を伝える

確実に反応が上がるのはなぜか?

それは・・・さっきの最初のPOPは、「青木さんが作ったリンゴは美味しい」と自己主張して、モノを売り込むような内容になっているからです。

それに対して、二番目のPOPは「美味しさの理由」をキャッチコピーで伝えているのです。

「美味しいよ!」というより「美味しさの理由」のほうが美味しさが伝わり、結果的に売れるということに繋がります。

このように、販促物で反応を出すにはちょっとしたコツがあります。

下↓のようなキャッチコピーもいいですよね。

 

最後に、モノが余るいまの時代に、いくらモノを伝えても反応は少ないのが現実です。

その一歩がコトのPOPです!

これを基本に、モノからコトへ伝え方を変えいきましょう(^^)/

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

売りたいものが売れない

売れるお店は効率のよい販売什器を使っている!

売りたいものが売れない

消費者の共感スイッチを探す方法

売りたいものが売れない

食欲の夏?

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二