週間販促担当者

デザインと制作店舗見てきましたシリーズ

等身大パネルの脚について


こんにちは。
2019年も残すところ、あと1か月を切りました…

年末にかけてのイベントや、年始の売り出しや初売りに向けての店づくりへと切り替わり、大型のパネルの制作も増えてきています。

店舗やイベント会場などで見かける、イメージキャラクターや有名人の【等身大パネル】どうやって作られているかご存じですか?

高さは大きいものでは180㎝~2m近くのものや、横幅も一緒に並んで写真が撮れる〈顔ハメ〉になっていたりと種類はいろいろあります。

【設置する場所や、使用する期間により最適な仕様があるんです】

例えば、商業施設の中にあるスポーツ量販店の店内で使用する場合だと、印刷した紙をパネルに貼り合わせ人型にカットします。裏面に自立させる脚をつけるのですが、使い終わったときに廃棄しやすいように、段ボール製の脚をつけるのが一般的です。

(段ボール脚写真)

段ボール製の脚のほかには、スチール製(鉄製)の脚もあり、屋外や移動等があり、段ボール製の脚だと耐久性に不安がある場合はスチール製(鉄製)の脚を利用します。※ごみの分別は地域により異なりますが、スチール製(鉄製)の脚は鉄・大型粗ゴミに分類されます。

また、〈顔ハメ〉の等身大パネルは、一般的な段ボール脚だとパネルの裏面の真ん中に張り付けるので、顔を出す部分にかかってしまうこともあります。横にずらして貼り付けるとバランスが悪くなり、転倒する恐れもあるので自立させるのが難しいのです。

顔ハメ,ドリスタ脚使用例

そこでアサヒ・ドリーム・クリエイトオリジナルのすっきり見せたい等身大パネル!自立する脚なんと、脚もスチレンパネル製。なんと脚の部分にも印刷が入れられてしまうのです。

 

今までの等身大パネルだと人物やキャラクターを見せることしかできませんでしたが、足元に印刷が入れられたりと表現が豊かになります。

デザイン次第ではただの等身大パネルではなく、トリックアートのような表現もできる面白い仕掛けが作れます

 

    • コストを抑えたい
    • 最適な仕様を考えたい
    • 安心して任せたい

気になること、その他いろいろお気軽にご相談くださいませ!

 

【ADCコーポレートサイト:ドリスタ】

ドリーム・スタンディ

【ADCコーポレートサイト:等身大パネル】

等身大パネル

この記事を書いた人

常に新しい発見を!
週刊販促担当者 編集部 J MR.PROMOTION WEEKLY EDITORIAL DEPT. J
ライター&編集者

週刊販促担当者編集部 J です。
様々な分野から、旬な新しい話題をチョイスしていきます。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二