週間販促担当者

売りたいものが売れない

販促の無駄をなくす!即戦力のある目的別販促ツール〝購入編〟

お客様にダイレクトに伝わる意味のある販促ツールというより、「ただの置物」と化し売り場スペースを奪っている販促ツールに頭を抱えているみなさま。

前回お送りした〝集客編〟に引き続き、今回は〝購入〟を目的とした販促ツールをご紹介していきます。

販促の無駄をなくして、「商品が売れる」効果を実感しましょう!

 

お客様に商品価値を伝える販促ツール

前回〝お客様を店の外から中へ〟そして〝入り口から売り場へ〟と近付けるツールを紹介しましたが、今度はスタッフに代わってその商品価値を伝えていきたいですよね。

ググッとお客様の気持ちに寄り添い、手に取っていただく機会を作る方法とは?

単独での自立が叶うフロア什器がおすすめ。売り場スペースとして使えるので什器の隣に追加したりレジ横に設置したりと移動もラクラクでとっても便利!

何と言っても商品情報を什器全体に取り込むことができる所がポイント。上の図のように全体をパッケージデザインしてもいいですし、商品名やキャッチコピー、イメージキャラクターや商品の使い方イラストなど、あらゆる情報をまるごと掲載できます。

スタッフが近くにいなくても、お客様に商品の価値を伝えることができるので接客いらずな優秀ツールなんです。

構造の工夫はもちろん、カジュアルな作りによりお客様が商品を手に取りやすいというメリットもございます。

フロア什器はこちらから→

 

商品の横に置くなら卓上ポップはかかせません。

ビジュアルイメージや補足情報、お客様の声など隣に並べておいて絶対損はありませんよね。ポップの効果により小さい商品を目立たせることもできますし、気付いてもらいやすくなります。

また、サイズ展開も豊富でA系B系の全サイズを取り揃えております。売り場の什器や陳列棚に合わせて作成できるのでピッタリなポップを用意することが可能。

卓上ポップはこちらから→

 

あともう一押し!にはスイングポップが便利です。

「店長イチオシ!」「新作アイテム」「限定商品」など、買おうか悩んでいるお客様にもう一押しができるツールとして、スイングポップはかなり活躍してくれます。

小さいながらもひらひらと揺れるので目に留まりやすく、設置面からぴょこんと飛び出す構造なので気になってしまいますよね。売れ筋ランキングなどにも使えますよ。

スイングポップはこちらから→

 

以上3つの販促ツールを組み合わせるとこのように変化します。

一体どれがオススメなのか……どんな商品なのか全く区別のつかない売り場から、新作やイチオシ情報が瞬時に読み取れる、気軽に手に取りやすい売り場へと変化しました!

お客様との距離が縮まり、〝購入〟までのハードルが取り払われるきっかけになるかと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はお客様と商品の距離を近付けることを目的とした〝購入〟メインの無駄のない販促ツールをご紹介しました。

みなさまの売り場も、無駄になってしまっている販促ツールは思い切って取り払い、明確な目的に沿った販促ツールを取り入れましょう!

 

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二