週間販促担当者

売りたいものが売れない

カウンター什器を使うメリット3つと売れる仕掛け~ドラッグストア編

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。
『店舗での売上アップに役立つ情報』を今日も発信していきます。

今回はお店での売上アップのポイントというより、メーカー様や小売店様のバイヤー様たちの役に立つ情報です。

紙製カウンター什器を使うメリット

1、低コスト

什器は、紙(段ボール)製や木製の他アクリル製など色々な素材があります。
中でも紙(段ボール)製の什器を選ぶメリットは、他の素材に比べると圧倒的にコストが抑えられます。
さらに紙製什器は、折り紙を折って立体を作る考え方と同じで、設計時に適宜スリットや折り目を入れることでコンパクトに折りたたむことが可能です。配送コストも大幅に抑えられます。

他素材の什器は組み立てが複雑だったり、ネジを使う什器もあるので別で工具が必要な場合もあります。

説明書を見て組み立てるだけですぐに店頭に置けるので、店舗スタッフの負担軽減にもつながります。

2、加工のしやすさ

紙や段ボール製なので、カラーバリエーションも豊富ですし、写真やイラスト説明テキストなどを印刷で入れることが可能なので工夫次第でインパクトもある商品訴求ができます。

3、処分時の負担が少ない

アクリルや木製品は通常のゴミでは処分が難しいです。地域によっては大型ごみだったり、産廃扱いになる場合もあります。
紙製の素材であれば、表面加工等色々な仕様がありますが『紙ごみ』・『段ボール』として処分することも可能です。

 

売る仕掛けとしての什器

例えば、ドラッグストアのクレンジング(洗顔)売場を見てください。

商品を棚に並べただけの状態だと、

パッケージとプライスカードを見て商品を選びます。

この棚のからあなたのお肌状態が求めるクレンジングが見つけられますか?

 

カウンター什器があるとき…


商品の特徴をアイキャッチ訴求でき、他商品に負けない棚スペースの確保が可能です。
また什器に書いてある”説明”を読み、消費者は『買う理由』を見つけて商品を手に取り、
カゴへと入れ購入されます。

商品別お勧め什器

フェイスマスクなど軽量で且つ吊り下げのパッケージ商品には、フック式のカウンター什器だと手に取りやすく、商品が売れて少なくなってきても商品のパッケージがしっかり見えるのでお勧めです。
高さがない商品パッケージですと、ひな壇式で商品の陳列に立体感を出すことができます。

棚やカウンターに置くだけではなく、商品棚のネットに掛けるハンガー什器やフロアに置くタイプの物もございます。

 

お店で商品を買う理由を伝え”購入に繋げる企画”とカウンター什器をご提案いたします!お気軽にご相談ください!

 

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二