週間販促担当者

売りたいものが売れない

ちょっとしたことで得られる相乗効果について

こんにちは。
儲かる売り場アドバイザー伊藤です。

今回は、カフェでの出来事についてです。

私は、毎回習慣なのか?クセなのか?

レジの前に立つと、「アイスコーヒーください」
と反射的に注文をしてしまいます。

なぜなのかを考えてみると、以下の理由です。
・前回と同じだから
・注文に慣れているから
・出てくるのが早いから

受け取る時に、「今回は違うものにすればよかった」
と毎回少しテンションが下がります。

もっとも大きな要因は、メニューを見ないからです。

いつものお店であってもイベント等があり商品が変更している
ことが往々にしてありますが、見ないのでいつも後から気が付くという
悪循環を経験しています。

今回はしっかりメニューを見たところ、お店からの提案がありました。

普段であれば、選ぶことがない飲み物も分かりやすく説明があると
いつもとは違う選択が可能になります。

よく見かけるのは、「ケーキセット(コーヒー付き)」ですが、
写真と相性等詳細に記載があることで、しっかり読み込んで
理解しようとします。

その結果いつもは飲まない、ミルクコーヒーを選びました。

なんでもそうですが、食わず嫌い状態で実際に口にしてみると
発見の連続です。

得られる効果は、以下の通りです。
・馴染みのないものにふれてもらえる
・ついで買いの促進ができる
・セットを考えることで社員のやる気がわく 等

プラスの部分が増えます。

我々は、常に提案する側であり選ばれる立場ですが
適切な情報を提供することで実は、主導権を握ることが可能になります。

ここでいう主導権は、プラスの意味です。

お店として伝えたい部分をより明確にそして、わかりやすく提供することで
お客様へもっと知ってもらえる機会を創造することができます。

理解の先に、選択があります。

出所:珈琲所コメダ珈琲店

この記事を書いた人

“自分らしさ”を大切に!感謝・初心を忘れず日々努力。
伊藤 Itoh 
売上向上アドバイザー

ストック型のネットサービス開発や、営業マン支援・ツール開発と運用までを担当。常に現場重視がモットー。アイスの食べ比べが趣味。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

売りたいものが売れない

あなたは、何のお手伝いをしていますか?

売りたいものが売れない

販促の基本!売れるPOPの書き方

売りたいものが売れないマーケティング

もう商品力では響かない!お客様から選ばれる2つの力。

売りたいものが売れない新規顧客を増やしたい

確実に伝わる販促物づくり・3つのポイント

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二