週間販促担当者

売りたいものが売れない

販促の基本!売れるPOPの書き方

販促物の基本であり、
何度も書きかえられて練習にもなるし、
結果もすぐに分かる『 POP(ポップ)』

小売店をされている方は、
店頭で商品にPOPを付けていることも多いと思います。

今や、コンビニやスーパーでも一般的ですよね。

どうせPOPをつけるなら、反応があるほうがいい

販促というのは、POPに限らず、
ちょっとしたことで、反応は確実に変わってきます!

商品名からアピールしない

反応の出るPOPを書く時のポイントは

『商品名からアピールしない』こと。

例えば、青森産のリンゴがあったとします。
POPを書く時、

青森産 リンゴ

リンゴ農家 青木さんが作った
甘くて美味しいリンゴ!

1個200円

と書くよりも、

甘さの秘訣は熟成期間にあった!

あの青森のリンゴ農家
青木さんが作りました
一度食べたら忘れられない味

青木さんのリンゴ   1個200円

と書くほうが、確実に反応がいいのです。

ツボは、書く順番にあります。
反応のいいPOPを書くには、商品名から書かない。

という順番で書いてみてください。
商品名から書くよりも、上記の順番で書くほうが確実に反応が上がります。

自己主張ではなく、理由を伝える!

確実に反応が上がるのはなぜか?

それは・・・最初のPOPは、

自己主張してモノを売り込むような内容になっているからです。

それに対して次のPOPは、

をキャッチコピーで伝えているのです。

「美味しいよ!」というより「美味しさの理由」のほうが
美味しさが伝わり、結果的に売れるということに繋がります。

このように、販促物で反応を出すにはちょっとしたポイントがあるんですね。

このようなキャッチコピーもいいですよね(^^

 

 

モノ余りの時代に、いくらモノを伝えても反応は少ない。
その一歩がコトのPOPです!

これを基本に、モノからコトへ伝え方を変えいきましょう(^^)/

この記事を書いた人

全力でお役立ち!
今日も明日もチャレンジャー!!
新井 敏永Toshihisa Arai
価値創造アドバイザー

1984年生まれ、大阪府大阪市生まれ。
シュノーケリングガイド(石垣島)を経て、アサヒ・ドリーム・クリエイト株式会社に入社。
現在、一部上場企業から中小企業まで300社以上でVMD企画提案・販促ディスプレイ企画製作に携わり、客単価150%UPや店舗オペレーション向上など売上げUPに貢献。
2016年営業統括部長に就任。
店舗リサーチ、マーケティングを展開し、消費者視点で商品・サービスの価値を伝える購買プロセス立案が得意。
POPだけで売上げ1.2~2倍になった企業成功例や値段競争をしなくても売上げを伸ばす方法などコンサルティングを行っている。
2016年コトマーケティング協会 認定トレーナー

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

売りたいものが売れないマーケティング

もう商品力では響かない!お客様から選ばれる2つの力。

売りたいものが売れない新規顧客を増やしたい

確実に伝わる販促物づくり・3つのポイント

売りたいものが売れない

誰でも出来て成果が出るマーケティング3つのコツ

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

春ですね〜☆

儲かりアドバイザー上野健二

思いきって「価値の伝え方」を変えてみませんか?
営業部長
ウェルダン新井