週間販促担当者

顧客単価を上げたい店舗見てきましたシリーズ

【店舗行って来ました!シリーズ第一弾】
ついつい買ってしまうあれこれ、これもお店側の戦略か?

こんにちは、今日はクリスマスイブ!チキンとケーキでクリスマスの準備を、と思い買い物にお出かけしている方も多いのではないですか?

今年のクリスマスは平日なので、準備が大変ですよね。

自宅近くのスーパーは、クリスマスより”お正月”の商品がレジ横に棚が並べてあり、クリスマス気分はどこへやらという感じです。

少し寂しい感じもしています。

先日、いつものように夕飯の買い出しのためにスーパーへ行きました。
私は、食材を見ながら献立を考えます。その結果、鍋に決めました。

突然ですが、なぜ鍋になったのでしょうか?

もしかしたら、このブログを読んでいる方なら、答えはとても簡単かもしれませんね、、笑

【正解はPOPです】

私は、POPの戦略にまんまとハマりPOPを読んで、「ふむふむ」「なるほど」と惹かれました。ついついあれも!これも!と買ってしまいました!笑

では、POPの戦略とは?

どこのお店でもよくこのような陳列をしていると思うのですが、
「関連する品物を隣に置いて、一緒に買ってもらおう!」作戦です。

単純に1つ買ってもらうより、2つ買ってもらう方が売上にも繋がります。
「ついで買い」を促す。というものです。

さらに、品物だけを並べるよりも、隣にPOPも一緒に置く方がよりお客様の購買意欲を高めることができます。

私が、ついつい買ってしまい夕飯が鍋になった時は、スーパーにもこのように陳列してありました。

白菜の隣には、「ネギ・えのき・しいたけ」が並び、その上にはお鍋のお出汁が数種類並べてありました。メインPOPには、「今夜は鍋!」や「暖かいものを食べてあったまろう」などと書いてあり、お出汁の種類も、数人用から一人鍋用まで置いてありました。

またメインPOPだけではなく、お出汁の種類別に、味の特徴やオススメ具材なども書いてあり、私は、ついついいつも同じ味を選んでしまいますが、POPのおかげで新しい味にもチャレンジ!することができたのも事実です。

その他にも、スライスのお餅も一緒に陳列してあり、POPには「5秒で柔らかい!トロッとしたお餅がとても美味しい!ハマります!」と書いてありました。

「ハマります!」などのストレートな一言は真っ直ぐに伝わるので良いと思いました。

私は、すぐに影響をうけるので「お餅も入れたら美味しいかも!」と思い買ってしまいました。これもついで買い作戦にバッチリひっかかっていますよね。笑

うどんや麺売場、豆腐や厚揚げの売場にも、「鍋用にオススメ!」や「鍋用!崩れにくいです!」などのPOPがあり、とても選びやすかったです。

接客やPOPがない場合、お値段ももちろん大切ですが、お客様はパッケージのデザインやキャッチコピーを見て品物を選びます。

「接客をして売る」これが全て出来れば理想ですが、接客が出来るお店ばかりではないので、店頭でPOPが店員さんの代わりになりお客様へ商品の説明や価値を伝え、購買につなげる大切なツールがPOPです。

この記事を書いた人

常に新しい発見を!
週刊販促担当者 編集部 J MR.PROMOTION WEEKLY EDITORIAL DEPT. J
ライター&編集者

週刊販促担当者編集部 J です。
様々な分野から、旬な新しい話題をチョイスしていきます。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二