週間販促担当者

リピーターを増やしたい

こんな時だからこそ、設置するべきPOP

ブログをご覧のみなさま、こんにちは!

新型コロナウイルスの影響で、各地のイベントが次々に中止や延期になっていますね。各テーマパークも休園、百貨店の営業時間短縮、そして一斉休校要請・・・。

買い物に行けば、供給は十分にあるはずのトイレットペーパーやティッシュがことごとく売り切れていて、オムツや生理用品も品薄でした。地域によればお米も少なくなっているそうです。混乱が混乱を呼んでいる感じが否めません。

デマに流されず、正しい情報を見極めていかなければいけないと改めて考えさせられますね。
消費者目線だと、外出も最低限にとどめたほうがいいのかなと悩むところですが、お店にとっては大打撃です。一方で、一斉休校要請によって休まざるを得ないスタッフもいて、通常通りの営業が難しくなっているお店も少なくないでしょう。

この現状から学ぶところは多いですね。支えあい、譲りあえる世の中にしていきたいと願う今日この頃です。

さて、こんな時だからこそ、ぜひお店側の対処として設置していただきたいPOP

それは・・・

このような注意喚起のPOPです!

このPOPのおかげか、こちらの店舗ではまだトイレットペーパーもティッシュペーパーも在庫がありました。
また、購入制限を設けているため、必要以上の買い占めを阻止することができます。
スカスカになってしまっている棚を見ると、どうしても
「今、買っておかないとしばらく手に入らなくなるのでは・・・」
と不安な気持ちが煽られてしまいます。
ですが、このように現状を正しく伝えてくれるPOPがあるとこちらも安心できます。
そして本当に必要としている人まで供給することができます。
この店舗では冷静な判断ができていてとても誠実な対応だと感じました。

ニュース番組でもデマであることは伝えられていますが、情報をタイムリーに入手できない方もいるのでこのように店頭でしっかり伝えていく必要があると思います。

販売促進とはまた違った意味合いのPOPですが、とても意味のあるPOPです

おかげで我が家の分のトイレットペーパーは無事に入手でき、お店側の対処として素晴らしいと思ったので、この店舗では余分に買い物をしました。
このようなことがお店のイメージアップになり、そこからリピーターができ再来店に繋げることができます。
POPひとつでも店の印象を変えられるのだと改めて気づかされた事例でした

この記事を書いた人

昔も今も現役バリバリ!
感性と感覚は、当時よりもっと研ぎ澄まされています
朽木 真衣
売上向上アドバイザー

流行も新しい情報も常に知っておきたいミーハー販促主婦。広告代理店の営業時代はクライアント様に提案する立場、結婚を機に退職し、今は消費者目線で【伝わる販促】の店舗調査をしています。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

リピーターを増やしたい

あったらいいな♪優しさ伝わるこんなお店

リピーターを増やしたいデザインと制作

イメージの先をイメージする。

リピーターを増やしたい

成功事例 鶏ジロー 一之江店 様の巻

新規顧客を増やしたいリピーターを増やしたい

売場で映える販促とは?

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二