週間販促担当者

新規顧客を増やしたい

入りやすいお店とは?新客獲得に繋がるツールづくり 2つのポイント!

4月は新生活のはじまり。新社会人や新しい配属先で仕事を始めた方も多く行動範囲が増えるこの時期、通い慣れていない場所を通ると気になるお店を発見できたりもします。

そんな時期はお店にとって新しいお客様を獲得するチャンスでもありますね!

そこで今回はまだまだ終わりの見えないコロナ禍と戦うお店経営者・販売員の皆さまに、今だからこそ見直してみてほしい「宣伝ツール」を消費者目線でご紹介します。

 

新客を取り込む宣伝ツールはしっかり準備できていますか?

たまに知らない街を歩いていると、すごく年期の入った看板やメニューの貼り紙を目にすることがあります。もちろん意外と常連さんが通う人気店だったりもしますが、新生活を迎えるこの時期だからこそ、新しいお客様にもぜひ来店してもらえたら嬉しいですよね。

そんな時は、いつもの看板メニューにちょっとひと手間加えると入りやすいお店に変わります!

例えば自店で印刷したPOPを使っているお店をよくみかけますが、最初のうちはそれでよかったものの、だんだんと色あせてきたり、張り紙が破れているお店。

これだとせっかくの商品の良さが伝わらず勿体ない…

メニューはお店の看板でもあります。そのメニューが古いとなんだか入りにくいと感じるお客様は多いです。新しいツールに変えるだけで、打ちだし商品が明確!入店率アップが期待できます。

フルカラー印刷のパネルはこちら➡

 

あれもこれもは逆効果

床に商品カゴを直置きしているお店!これは衛生的にも見た目にもよくありません。

スペースはもっと有効活用できるはずです。ぜひ見直してみましょう。

このような場合には、ハンガー什器などで壁面に引っ掛けることが可能です。

その他の什器はこちら➡

 

まだ先の見えないコロナ禍で、新たに起きた「まん延防止対策」。でもそんな中でも来て下さるおお客様に気持ちよく来店してもらえるようぜひこの春、代わり映えのあるPOPや什器でお店をプチリニューアルしてみてはいかがですか?

 

 

この記事を書いた人

クリエイティブなこと探しをお手伝いしたい!
販促担当者 Eona
売場アドバイザー

新しいもの好きで、流行に敏感な2児のママライター。専門分野はアパレルで、国内から外資系までの新規ブランドを立ち上げた経験を持つ。現在は「グローバルなセールスライター」を目指して世の中のあらゆることをリサーチ中

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

新規顧客を増やしたい

ウィンドウPOPを効果的に目立たせるコツ

新規顧客を増やしたいマーケティング

販促は「皆さんへ」から「あなたへ」に

新規顧客を増やしたい

ペットボトルにもPOPが必要

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二