週間販促担当者

集客がうまくいかない

商品の魅力を15秒で伝える効果的な方法とは?

商品の魅力を15秒で伝える効果的な方法とは?

最近、「商品を売らない」たった15秒のCMが増えてきていることをご存知ですか?

もしかしたら、CMの内容が変わってきてるなぁ・・と実感している人もいるかもしれません。

ここでは、商品の魅力を伝えるための「商品を売らないCM」をご紹介します。

 

商品を売らないCMって?魅力はちゃんと伝わるの?

利用するシーンを表現すると効果的

有名な実例として、商品ではなく「利用するシーン」をメインに訴求したCMがあります。

みなさんご存知のタブレット菓子ミンティアです。

ミンティア公式HP
https://www.mintia.jp/

「ミンティアが減った日は、頑張った日」をテーマに

・会議室で詰められている時

・商談が上手く行った時

といったリフレッシュしたい時に食べるミンティアの特徴を、シンプルに表現していますね。

注文するシーンでも使える

少し、昔の話にはなりますが、以前夏休みの時期にピザのデリバリー会社のCMで放送されていたのが

「旅行で疲れた時は、夜ご飯はピザをデリバリーしませんか?」というもの。

メニューや価格ではなく、注文するシーンを伝えたことで、具体的に注文するシーンを訴求した良い例ですね。

 

短い時間でも伝えるために大切なものは「目的」

いかがでしょうか?

以上の2つの例から見ても、商品やサービスではなく、

その商品を「どのような場面で使ってほしいのか」「どのような悩みや不安が解決されるのか」を目的に合わせて訴求しています。

ここで伝えたいことは、目的が変われば伝え方も変わるということ。

例えばいま、CM好感度1位のau。

これは目的が「○○と言えばau」というブランドの確立を目的にしているのではないでしょうか?

そのため、キャッチ—な音楽やインパクトのあるシナリオにすることで、商品の魅力や印象が強く残っているんですね。

このように、「誰にどうなってもらいたいのか」という目的を明確にすることで、15秒という限られた時間の中で「どう伝えるのか」が変わってきます。

商品の魅力を効果的に伝えたいという方は、ぜひ覚えていてくださいね!

この記事を書いた人

三方よしをモットーに
売り上げアップのお手伝い!
上野 健二 Kenji Ueno
営業部 営業課 大阪営業係 係長

2013年入社後すぐにマーケティングを学び、ホテル、エネルギー、リフォーム、文具小売、製菓メーカー、スーパー、飲食店などで販促+人財育成をテーマに講習を行う。
現在、売り上げアップアドバイザーとして、講習・セミナー・販促ツール制作をメインに商品・サービスの「価値」を伝えるサポートをしている。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

2021GWお家時間どう過ごしますか?

儲かりアドバイザー上野健二