週間販促担当者

集客がうまくいかない

販促の無駄をなくす!即戦力のある目的別販促ツール〝集客編〟

今の売り場を見渡して、置いてある販促ツールのそれぞれがきちんと役割を担っているように見えるでしょうか。POPやポスターなど〝とりあえず置いているだけ〟になってしまっていませんか?

意味のある販促ツールであれば〝集客〟〝売れ行き〟に貢献しているのですが、意味のない販促ツールであれば「ただの置物」化している場合があります。むしろ売り場がごちゃごちゃして見えたり、他の商品を置くスペースを奪っているかもしれません。

目的別販促ツールって?

まず確認すべきなのが、「集客させたい」「購入させたい」どちらを目的としているのかということ。

「集客させたい」場合なら、お店やブランドを知ってもらうこと、売り場の前に立ち止まってもらうことが重要ですよね。

今回は〝集客〟を目的とした販促ツールをご紹介していきます!

お客様を店に引き寄せる集客ツール

お店やブランドの認知には、外を歩いているお客様からでも気付いてもらえるような存在感のあるツールが効果的です。屋外はもちろん、デパートや建物の中でも使えるものがベスト。「こんな店があったんだ!」「入ってみたい!」と思ってもらうには?

懸垂幕は屋外や売り場の囲いにうってつけな存在感たっぷりの販促ツール。サイズが大きいためインパクトがあり、お客様に店の存在に気付いてもらえる第一歩となります。

懸垂幕はこちらから→

のぼりはキャンペーン告知やセール情報を案内するのにぴったり!パタパタと風になびくため目線を集めることができますし、お客様にとって等身大にあたるサイズのため告知内容をパッと読むのにも向いています。

のぼりはこちらから→

ポスターはショーウィンドウや窓ガラス、入り口の扉などあらゆる箇所に設置しやすいのが魅力。遠距離〜中距離まで視覚的に入りやすいため万能アイテムとなります。

ポスターはこちらから→

 

以上3つの販促ツールを組み合わせるとこのように変化します。

味気なく何を売っている店なのか分かりにくい印象から、様々な情報が外からでも伝わるワクワクするような入店しやすい印象に変化したため、店に引き寄せやすくなりました!

 

お客様を商品に引き寄せる集客ツール

売り場に引き寄せた後は欲しい商品を見つけてもらうことが大切です!

商品数が多い売り場や、新作商品をアイキャッチとして目立たせたい時、「欲しいもの」を目的として買いに来ているお客様を逃さないための方法とは?

何を置いているコーナーなのかを分かりやすくするためにフロアシートが大活躍!省スペースで売り場を邪魔することもないですし、商品への誘導案内にもなり一石二鳥なんです。

フロアシートはこちらから→

お客様の目線より高い位置に設置することでお目立ち度抜群のトップボード。お店の入り口からすぐに欲しい商品の元へとたどり着けるため買い逃しを防げます。

トップボードはこちらから→

 

以上2つの販促ツールを組み合わせるとこのように変化します。

色々な商品がぎゅっと詰まって並んでいるコーナーにも、アイキャッチとなる部分ができたことでとりあえずお客様が立ち止まれるスペースが誕生し、商品に引き寄せやすくなりました!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はお客様に店を認知してもらい入ってもらう売り場を見つけてもらうことを目的とした〝集客〟メインの無駄のない販促ツールをご紹介しました。

次回は〝購入させたい〟を目的とした販促ツールをご紹介いたします。お楽しみに!

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二