週間販促担当者

デザインと制作

イラレでテキストの回り込みができないときの対処法

みなさんは、イラレ(イラストレーター)で「テキストの回り込み」を使ったことはありますか?

読み物系を作っていると、画像に対してテキストを回り込ませる配置にしたい!と思う場面が出てくると思います。

今回はイラレ「テキストの回り込み」の基本操作と、できないときの原因を確認していきましょう!

基本操作:テキストの回り込み

「エリア内文字ツール」で作成したテキストと、任意のオブジェクトを同じレイヤーに配置し、同時に選択します。

オブジェクト > テキストの回り込み > 作成(解除)

「テキストの回り込みオプション」から、周囲の余白のサイズの変更や、回り込みを反転することもできます。

なぜか「テキストの回り込み」ができない時は?

正しく操作していると思い込んでいても、できていないかもしれません。

早速ですが、私が予想する原因を3つ書き出します。

テキストの回り込みができない3つの原因
(1) オブジェクトとテキストのレイヤーが違う
(2) オブジェクトがテキストの下になっている
(3) テキストがテキストエリアで作られていない

(1) オブジェクトとテキストのレイヤーが違う

(2) オブジェクトがテキストの下になっている

(3) テキストがテキストエリアで作られていない


文字ツールで打ったテキストには「テキストの回り込み」は使用できません。

「エリア内文字ツール」を使用する必要があります。

正しく操作しているはずなのに、それでも回り込まない

ただ「テキストの回り込み」を正しく実行しても(していると思い込んでいるだけかも)なぜか回り込まないときもありましたが・・

それでもできない時は
・とにかく全ての「テキストの回り込み」を解除してやり直し
・イラレ自体を再起動

などを実行して、再度注意深くトライしてみるのがよいと思います。

特に、オブジェクトやレイヤーが複数ある場合は、サンプルのように画面がシンプルではありません。

知らず知らずのうちに、対象のオブジェクトの前後関係が正しくなっていないことが多いのではないか?と思います。

ちなみに私は「テキストの回り込み」を知らなかったとき、任意のはめこみたいオブジェクトの形を先に作って、そのオブジェクトをテキストエリアにしたことがありました(^_^;)

ちょっとした変更も簡単にできるところがイラレの良いところなので、編集が自在にできる状態にしておきたいですよね!

この記事を書いた人

一笑懸命あなたに寄り添い「キモチ」を「カタチ」にクリエイト!
粕谷 羽蘭 Uran Kasuya
お悩み解決デザイナー

京都府出身。2015年に企画デザインで入社。
POPやパンフレットなど販促ツールデザインを主体に、採用活動のお手伝いなども。
かわいいイラスト制作が得意分野!趣味は音楽を聴くこと。
---
神戸市 中小企業柱巻広告デザインコンペ2016 最優秀賞受賞

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

デザインと制作店舗見てきましたシリーズ

等身大パネルの脚について

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二