週間販促担当者

目に留まる販促

年末セールや初売りに用意したい!お得感を伝える販促アイディア☆

そろそろ年末の大セールや年始の初売りに備えて、「SALE」と書かれたポップやポスターなどを用意する季節がやってまいりました。

このページではクリスマス商戦や年末年始に向けて慌ただしくなってくる今、サクっと作れるセールにぴったりな販促アイディアをご紹介していきます!ぜひ最後までご覧ください。

セールの販促に必要なことって?

私がとあるブランドの販促として勤めていた頃、この時期からセール対策を始めていましたが毎年悩むのがこの2つ。

①販促ツールの色

②お得感の出し方

年末年始という大事な時期に売り逃したくない!セール商品は売れ残ると在庫過多になったりもするのでしっかり売りきりたい!

けれど、あまりに「セール!セール!」とアピールしすぎてもお店の品格が損なわれたり、売り場中真っ赤なポップだらけ……なんてことになってしまうのはナンセンス。

お客様から見てセールをしているんだと分かりやすく、かつお得感を感じられて、しっかり購入まで繋げていけるような販促を用意したいですよね。

 

①セールといえば!な販促ツールの色

セールといえば上のような色が定番。Googleで「セール」を画像検索をしても赤・黄のイラストがバーっと並んでいます。お客様の感覚としてこの色のポップがあると「セールやってるんだ!」と分かりやすいので、遠のいた色を使わないのがベター。

しかし、隣り合う店もこの色合いばかりだと差別化がなかなか難しいですよね。そこでちょっとした差別化が叶うセールの色合いのご提案。

赤寄りのオレンジで強くなりすぎずカジュアルに、暗めの赤とベージュ系を組み合わせてナチュラルに、定番の色味からかけ離れすぎずに店舗の雰囲気に合わせて色味をデザインするのもいいですよね!

セールの買い物といえど、お客様はどこでもいいわけではありません。「センスいいな♬」「ここのセールなら間違いなさそう」と思ってもらえるのも売上貢献の一つです。

 

②〝ちょうどよい〟お得感の出し方

お店の中が「SALE」の文字だらけになると全体に安っぽさが出てしまい、ブランドの持つ品格や店舗の雰囲気が崩れてしまいますよね。セール商品と通常商品の区別がきちんと見え、お客様にとって買い物がしやすいご案内をしたい!

まずは店の入り口や店内の柱などに目立つパネルを設置!これだけで「セールをしている店なんだ」と認識してもらえます。

ポスターやコピー印刷紙ですと劣化が早く、画鋲やセロテープで壁に貼ることしかできませんが、パネルならイーゼルで立てかけたり什器に貼ったり、吊るしにも向いていてあらゆる使い方が可能な上、何年も使える丈夫さが魅力!

定型サイズパネルはこちらから→

 

次にセールアイテムのコーナーに棚帯を設置!〝ここからここまでがセール〟という分かりやすい案内が可能な上、売り場を邪魔せずにアピールすることができ、悪目立ちもしにくい良いとこどりアイテム。

「◯◯%OFF」などオフ率に合わせて何種類か作っておけば、棚ごとに区別できたり時期によって入れ替えたりもできますよね。

棚帯はこちらから→

 

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介したほかにも、アサヒ・ドリーム・クリエイトでは年末セールや初売りに使える販促ツールをたくさんご用意しています。みなさまの売り場に合ったツールを選んで大事なセールに備えましょう!

弊社では企画、デザインのご相談やコンサルティングなどあらゆるサービスもご用意していますのでお気軽にご相談くださいませ。

詳しくはこちらから→

 

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二