週間販促担当者

目に留まる販促

パネル設置で什器も売り場も高見え!見逃しがちな足元販促のすすめ

もみじやイチョウなどの秋っぽモチーフや、暖かなこっくりカラーが似合うような季節になってきましたね。販促ツールをデザインしたり選ぶ中でもついついそういった物に目が行きませんか?

販促もシーズンものをどんどん取り入れて店内の雰囲気を盛り上げていきたいですね!

今回は意外と?見逃しがちな場所であるお客様の〝足元〟で魅せる販促ツールをご紹介していきます。目線が下だからといって侮れませんよ〜!

店の外から秋ムード

透明フィルムに印刷されたこちらのシート。紅葉のイメージがプリントされていて、あえて足元に彩ることでリアル感があり、更に!秋のムードが高まります。

こういった施策はクリスマスに取り入れるショップも多いですが、その他の季節も入店を促すツールとしてとてもオススメ。シーズンごとに変えてもいいですね。

小さなスペースであれば、A4サイズの透明フィルムシートに印刷するだけでガラス張りのショーウィンドウや、コロナ対策で立ててあるアクリルボードにも簡単に取り入れられますよ。シールタイプがマストです!

ライティングの組み合わせで異空間

ライティングとの組み合わせがお洒落な雰囲気を醸し出すこちらのVMDスペース。

お客様と同じ目線にパネルを置きがちですが、あえてパネルを下に設置することで、ラフで気張っていない雰囲気を演出することができます。

こういう場合はイーゼルなども使わず、ナチュラルに立てかけるだけで十分素敵です。

また、VMDスペースで何かと使い回しされる白いボックス什器などは簡素なイメージにもなりがちなので面を上手く隠すこともできるのがパネルのいいところ。

普段よりも「少し大きすぎるかな?」くらいのパネルサイズを用意しておくと、こういったディスプレイをする際に何かと便利ですよ。置きにも敷きにも吊り下げにも使えます!

デザイン次第で什器の一部に

同じく足元に設置されていたこちらのパネル。まるでパネルと什器がセットのような気がしませんか?

こちらも先ほど同様、什器のぽーんと空いてしまう空間を上手に利用して、大きなパネルを設置しています。

たとえ什器やテーブルの側面や裏側だとしても、工夫一つで十分売り場スペースとして使えるようになるんです。

限られた売り場スペースを広げるには、今店内にある什器のサイズや置き方を工夫して、パネルやポスターなどを設置して素敵にアレンジするのがポイント!

ただの木目やステンレスの面が、予想外の高見え空間に生まれ変わるかもしれません。

アサヒ・ドリーム・クリエイトのパネルはこちらから→

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あえての足元販促で秋ムード高まる、お洒落な高見え空間を目指してみませんか?

アサヒ・ドリーム・クリエイトでは公式Facebookも更新中!

みなさまに販促のノウハウをお届けするだけでなく、社内の和気あいあいとした雰囲気が伝わるような、小ネタ有りのYouTubeチャンネルのリンクも貼っていますのでぜひ休憩時間などにチェックしてみてくださいね!

Facebookこちらから

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二