週間販促担当者

技術開発と人事

ハートフル食堂への挑戦から学ぶ

こんにちは。
社内の何でも屋、松本です。
頼まれたことを断れず、頼まれてもないことにまで首を突っ込んで来た結果、
今のポジジョンにいます。

今日は、その何でも屋が挑戦した社内イベントのお話です。

ハートフル食堂

私が所属するハートムービングプロジェクトでは、以前ブログでも書かせていただいた『レット症候群』の支援活動、
おおきにカードの促進、社内でのサプライズイベントを担当しています。
今回は、そのサプライズイベントの1つとして
『ハートフル食堂』を開催しました。

「プロジェクト活動として」と言うような書き方ですが、実はこのイベント、
自分が作ったものを人に食べてもらうのが好きな私が前々からやってみたかったことなんです。
3月22日(金)、25(月)の2日間、社内の希望者にお昼ご飯を作って提供するというイベントなのですが、
プロジェクトの資金調達も兼ねていたので、無料ではなく1食 400円で申し込んでもらいました。
さすがに有料となると申し込みも少ないかな…
とあまり期待はしていませんでしたが、
なんと2日間で49食、人数にすると27名の社員が申し込んでくれました!

喜んでもらえると嬉しい

ハートフル食堂のメニューは
【22(金)】
からあげ(付け合わせのキャベツ、ミニトマト)、豆腐のジョン、中華春雨サラダ、味噌汁、ごはん
【25(月)】
春巻き(付け合わせのキャベツ、ミニトマト)、タコときゅうりの酢の物、ニラもやし炒め、豚汁、ごはん
ガッツリ系の揚げ物と野菜をたくさん使った副菜やお味噌汁。
普段コンビニでパンを食べる人や、ファストフードを食べる人に、栄養のバランスのいいものを提供したいという思いでメニューを考えました。
そして、ハートフル食堂開催前日、食材の買い出しや、副菜作り、メインの下ごしらえ…
普段の5倍以上の量を作ったので、味付けや量を決めるのになかなか苦労しました。

そんな時でも常に考えていたのは
「これを食べて喜んでくれたら嬉しいなー。」
ということ。
さぁ、明日はいよいよ本番です。準備は万端!あとはやり切るだけ!

ハートフル食堂当日

朝からバッタバタでした。
使えるはずのガスコンロに火がつかなかったり、
2時間もあれば余裕だろうという時間の読みが甘かったり・・・

お弁当屋さんは大変だな・・・
そういえば昔、お弁当屋さんで4年もバイトしていたな・・・
その時ってこんなに大変だったかな・・・

などをゆっくり考えている時間もあったりなかったりしながらなんとかお弁当が完成!

お昼の12時を過ぎて、ぞくぞくとお客様(社員)がお弁当を取りに来てくれました。

みんなお弁当を見て「わぁー!美味しそう!」「すごーい!」と驚き、喜んでくれて、
昼休憩後に社内を歩いていると
「めっちゃ美味しかった!」
「あれなら毎日でも食べたい!」
「社員食堂作りましょうよ!」
という声をかけてくれて、満足していただけたようで、本当に嬉しかったです。

2日目の春巻き弁当も

春巻き弁当

なんとか無事作ることができ、こちらも想像以上にみんなが喜んでくれました。

挑戦した人にしか、学び・改善・成長・達成感は得られない

ハートフル食堂が終わった日は
「あーーーーー。疲れた・・・。」
という言葉を連発していた私。
でも振り返ると本当にやってよかったと思います。
たった2日間のイベントでしたが、そこから多くの事を学び、
1日目に失敗したことを2日目には活かし、2日目は1日目よりもスムーズに進み、みんなに喜んでもらえました。
簡単に言ってしまえば『ただ料理を作って人に食べてもらっただけ』ですが、
やった人にしかわからない『学び・改善・成長・達成感』が確かにありました。
これは大きいことでも小さいことでも、どんな類のことでも共通して言えることではないでしょうか?

挑戦した人にしか、学び・改善・成長・達成感は得られない

これからも新しいこと、人に喜んでもらえることに挑戦し続けます。

この記事を書いた人

松本 和子 Kazuko Matsumoto
売上向上アドバイザー

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

技術開発と人事

おおきにカードは私にとって・・・

技術開発と人事

規模が大きいと想像できない。

技術開発と人事

ご存知ですか?『レット症候群』

技術開発と人事

就活生の目線を知る

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二