週間販促担当者

技術開発と人事

スマート工場化で会社はどう変わる? - 常務の考えゴト。Vol.2 –

皆さん、こんにちは。
最近少し寒さがましになり、春が待ち遠しい常務のハシモトです。

新しい年が始まり、社内の動きも大分慌ただしくなってきました。

今年の僕の目標は、会社のより良い繁栄と健康づくり(ダイエット)です。
毎年、“こうなりたい” “こうしたい” と思い描きますが
会社も自分も、なかなか思うように変革していくことは難しいですよね…

先週の記事では、
急速に発展してきている人工知能(AI)をテーマにお話しさせていただきました。

今日はその続編として、これから起こり得る第4次産業革命と
その先にある未来の『スマート工場』についてお話ししていきたいと思います。

『4度目の産業革命??』

人類は過去に、3度の産業革命を成し遂げてきました。

18世紀半ばから19世紀にかけて、イギリスで起こった第1次産業革命。
蒸気機関の発明によって、工場制機械工業が始まったことを指します。
これは歴史の教科書にも良く出る有名なものですね。

この次に起こったのは19世紀後半、アメリカで始まりました。
蒸気エネルギーから電気エネルギーへの転換によって
大量生産が行われるようになった第2次産業革命。

さらに20世紀半ばに入り、
コンピュータを利用したオートメーション化の実現である第3次産業革命と
進歩を続けてきました。

そして、21世紀に入り、第4次産業革命が起こり始めています。

Keyword.1 【第4次産業革命】
人工知能(AI)やビッグデータを使って、ものづくりやサービスの生産性が高まる。
工場内の機器や設備を相互にネットワークで接続し、
IoT化することで生産革新を実現する。

今、各国でこの技術革新政策が推し進められています。

USAの『Industrial Internet』、ドイツの『Industry4.0』、
中国の『中国製造2025』、インドでは『Make in India』などを
政府が中心となって取り組んでいるのです。

では、日本ではどうでしょう。

日本では、早くからオートメーション化や産業ロボットの導入が進んでいた為、
逆に第4次産業革命の波には乗り遅れた感が否めませんでした。

ただ近年、AIIoT化という言葉が身近になりつつある通り、
ドローンによる上空からの撮影、さらには荷物の配達の実用化へ向けての取り組みも進み、
また、自らの感情を持つロボット『Pepper』が多種多様な業界店舗で導入されるなど
日本でもすごいスピードで発展・開発が進んでいます…

Keyword.2 【IoT化 (Internet of Things)】
あらゆる物がインターネットを通じて繋がることによって実現するサービス。
Keyword.3 【AI(Artificial Intelligence)】
人工知能。
人工的な手段で実現され、知覚、推論、問題解決、言語、連想、学習などの
知的情報処理を自律的に遂行することができる情報処理メカニズム。

産業革命の行きつく先は?

さて、本題の『スマート工場化』ですが、
まさしく第4次産業革命の行きつく先が『スマート工場』といえます。

今までは、人が機械の調整やチェック作業をしていましたが、
今後はそれらがAIによって自動制御が行われるようになります。
想像できるでしょうか?
受注から工程管理を経て、納品まですべてAIが管理をするようになるのです。

また、IoT化により設備機器がネットワークで繋がることで、
生産量や製造ラインの混み具合等を自動で収集。
AIによって蓄積された正確な情報を元に、さらに効率化を高めていくようになります。 

そうなると、これまで必要だった作業、そして人手が不要になってきます。
人件費削減・効率化・管理能力UPなどのメリットは多くあることがわかりますね。

日本のスマート工場『S製作所』

humanloss

未来の工場は、
いわゆるエネルギーの自給自足(ネット・エネルギー・ゼロ・ファクトリー)ができ、
廃棄物リサイクル機能等が整い、安全で安心で便利な工場になるのだと思います。

今でもS製作所では、工場のIoT化により生産ラインの可視化、
効率的な稼働を可能にするスマート工場化を推進しています。

その一環として、
リアルタイムの生産状況を分かりやすいグラフで表示できる設備を
プリント基板の実装ラインに導入しました。

これにより、生産が滞っているポイントや原因などが一目瞭然になり、
導入から半年で、生産性が15%もアップしたそうです。
改善結果が見える化されることによって、
現場のモチベーション向上にも役立つ成果を上げられています。

IoT化を進めることによって、
会社全体(社員)のモチベーションを上げられるとは、素敵ですよね。

皆さんの会社では、どうでしょうか?
現在以上に、スマートに且つ効率良く生産性を高め、
残業や過剰な人件費を会社の活力資源に変えるためにも
未来のテクノロジーが必要となってくるのかもしれませんね…。

個人的な話ですが、
私が子供の頃からのもう一つの夢だった「駄菓子屋さんのおやじ」も、
未来では「スマート駄菓子屋のおやじ」になり得るかもしれません。
行き過ぎると、私自身も要らなくなってしまうのでは・・と思うと、少し悲しいです・・・
笑顔をつくる仕事は、人間ならではの、“温かさ”は失ってほしくないものですね。

ではでは次回も、
最近の新しい発見情報をご紹介していきたいと思います。

お楽しみに。

記事原稿:常務
演出編集:小西

この記事を書いた人

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

今日もいい天気ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

思いきって「価値の伝え方」を変えてみませんか?
営業部長
ウェルダン新井