週間販促担当者

店舗見てきましたシリーズ

【店舗行ってきましたシリーズ第四弾】デパ地下の誘惑・・・

こんにちは!あっという間に2月も半ばを過ぎてしまいました。お正月、バレンタインなどイベントも続き、時間が経つのがとても速く感じます。

今日は百貨店のデパ地下に行ったときに「おっ?」と思ったことについてお話ししたいと思います。

デパ地下にふらっと立ち寄ると、館内はいつも賑わっていてワクワクします。買うつもりはなくてもついつい見入ってしまい・・・
何か買って帰っちゃおうかな・・・なんて、よくありますよね。
そしてどれもおいしそうに見えて目移りしてしまいます。

【なぜおいしそうに見えるのか?】

サラダを多く扱っているお店を見ていました。
彩りの多いカラフルなサラダが美しく盛り付けされていて、目線が集まりやすいゴールデンゾーンの高さにありました。
やはりパッと目を惹くのは彩りですね。
一方、別のお店ではケース内に積まれているコロッケやトンカツなどの揚げ物に目が留まりました。
種類がたくさんあってどれも美味しそう・・・

ではなぜこの二つのお店に目が留まったのでしょうか?
ここでそれぞれのショーケースの中の色を想像してみてください。

【魅力的に見せるための照明】

・サラダのショーケースは明度が高く明るい白い光
・揚げ物のショーケースはオレンジ系の温かみのある光となっていました

鮮やかで彩りの多いサラダは、白っぽく明るい光によってそのカラフルさがさらに映えます。
揚げ物は暖色系の光のおかげで温かそうに見え、熱々でジューシーなシズル感を想像させたのでしょう。
商品がよりおいしそうに見える照明の色があるのだと気づきました!
食べ物だけでなく、服や雑貨などでも同じことが言えますね。
商品の良さを引き立てる照明の色、光の当たり具合などが考えられたディスプレイになっているのです。
他のお店も、よく見るとディスプレイに凝っていて、惣菜の量り売りのお店では大きな鍋の形の什器にお惣菜が入っていたり、
鍋が火にかけられているような演出がされていたり・・・。
こういう演出にも私たちはワクワクさせられていたんだなと気づきました。
普段なら「美味しそう~!」と、選ぶことについ集中してしまいますが「なぜこれがおいしそうに見えたんだろう?」「どうして気になったんだろう?」
と考えながらじっくり見てみると、販促のヒントをあちこちで見つけることができますよ!

ただし、お腹が空きすぎているとその余裕が無くなってしまうので、ほどよくお腹が満たされているときに行かれることをお勧めします。。。

この記事を書いた人

昔も今も現役バリバリ!
感性と感覚は、当時よりもっと研ぎ澄まされています
朽木 真衣
売上向上アドバイザー

流行も新しい情報も常に知っておきたいミーハー販促主婦。広告代理店の営業時代はクライアント様に提案する立場、結婚を機に退職し、今は消費者目線で【伝わる販促】の店舗調査をしています。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二