週間販促担当者

勝手に販促コンサル

売り上げに大貢献!真っ白な売り場を効果的に魅せるPOPやパネルの使い方

突然ですが、みなさんの店舗や売り場ではPOPを活用していますでしょうか?

POPといってもあらゆるサイズ、形状、素材があるため一概には言えませんが、手書きにしろ印刷物にしろ何らかのPOPはきっと置かれていることでしょう!

真っ白な状態の店内で、POPが〝どのように置かれていると、どのような効果を発揮することができるのか〟を考えてみたことはありますか?

今回は売り上げに貢献できる、魅せるPOPの使い方についてお伝えしていきます。

〝◯◯を伝えたいから〟POPを置くは危険

みなさんは普段、お客様に伝えたい情報がある際にPOPを置きますよね。

 

 

上の図では、①キャンペーン情報 ②新作情報 ③セール情報 こちらの3点を伝えたくてPOPを置いているとします。

もちろんブランドイメージや売り場環境にもよりますが、図のパッと見の印象としては若干簡素なイメージにも見えますし、お客様への情報の伝わり方がとても遅いように感じます。その理由は……

・什器に対してのPOPのサイズが全て均等なこと

・故に伝えたい情報の優先順位が分からない

・お客様から什器までが遠く情報が入ってこない

これらがあげられます。

セールなどの早めに売ってしまいたい物も、このままでは売れ残ってしまいそうです。

〝全体像を見て〟POPを置こう!

先ほどの売り場のPOPをこのようにチェンジしてみました。

 

 

いかがですか?それぞれ伝えたい情報別にPOPの形状を変え、置き方も区別することで平坦で簡素なイメージから、リズム感のある華やかなイメージに変わったかと思います!

・什器や売り場空間に合わせてPOPのサイズや形状を変更。

・キャンペーン情報 → 期間が設けられているので、手前にイーゼルを設置し大きめのパネルでお客様に近付ける。

・新作情報 → 一定期間販売するので、ポスターやA5POPで紹介しつつ、新作がどこにあるのか分かりやすいように棚帯を設置。

・セール情報 → 場合によっては目立たせすぎてもNG!セールが行われていることが分かるよう、ほどよいサイズ感は保ちカラーで目立たせる。

以上の工夫を施してみました。

ポップのデザイン次第では、このような見せ方でも決してやり過ぎず統一感のある売り場に変化させることができますよ!

アサヒ・ドリーム・クリエイトの販促ツール

今回ご紹介した販促ツールの詳しい内容は各ページをチェックしてみてくださいね!

卓上POPこちらから→

ポスターこちらから→

パネルこちらから→

棚帯こちらから→

まとめ

いかがでしたか?

POPやパネルの置き方一つで売り場の雰囲気がガラッと変わり、お客様に伝えたい情報も伝わりやすく理解しやすくなるので、売り上げにもきっと貢献するはずです。

ぜひみなさんの売り場のPOPもこの機会に見直してみてくださいね!

アサヒ・ドリーム・クリエイトでは公式Facebookも更新中!

みなさまに販促のノウハウをお届けするだけでなく、社内の和気あいあいとした雰囲気が伝わるような、小ネタ有りのYouTubeチャンネルのリンクも貼っていますのでぜひ休憩時間などにチェックしてみてくださいね!

Facebookこちらから

 

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二