週間販促担当者

勝手に販促コンサル

少しの一手間が動きをもたらす!空いたスペースも販促の力で売れる売り場に

5月も終盤を迎えようとしていますが、販促は盛り上がっていますでしょうか?

人で賑わうことのできない今こそ、売り場の賑わいは大事です!今のディスプレイに一手間加えて、コロナ禍で停滞状態の売り場に活気をもたらしてみませんか?

今回ご紹介するのはベーシックな販促ツールにちょっとした工夫を施してディスプレイされた売り場。すぐに真似できる簡単なアイディアなのでぜひ真似してみてくださいね!

 

こちらのパネルPOP、よく見ると角丸加工がされていて優しい印象に。なんとなく角が鋭利だとカチッとした冷たい印象を受けますが、角を丸くするだけでナチュラルなテイストになるのと、通常パネルを貼らない場所にもうまく溶け込む効果があります。

また、文字の部分だけ切り抜いて飛び出る加工が施されていますね。フォントの雰囲気やデザインだけでなく立体感を出すことでキャッチーなコピーライトがイキイキ見える!

ビジュアルの中でも一際目立たせたい、アピールしたい部分を立体的にするにはいいアイディアですよね。

パネルPOPこちらから→

 

こちらはお酒売り場。テーマカラーを使用した棚帯に加え、色々な種類の細かいミニポップを組み合わせて、伝えたい情報の一つ一つがお客様に伝わるように工夫されてあります。

一見ごちゃついて見えるような飾り方も、商品によっては相性が良い場合も。この売り場コーナーは「NEW!」「オススメ!」「冷えてます!」「春がきた」など〝今〟買いたくなる促進を行っていますよね。自分がお客様の立場でも思わず手に取ってしまうのが伺えます。

これから暑くなりますので、「冷え冷え」や「スカッと」「キンキン」などのワードはミニポップ向きで効果も抜群!ぜひ下のリンクからイメージを掴んでくださいね。

胸POPこちらから→

スイングPOPこちらから→

 

自社の商品のスペースには、モレなく販促ツールを取り込んで購買意欲を高めていきたいですよね。こちらはお土産コーナーのスペースですが、コロナ禍により旅行する人も減り、なかなか売れ行きが厳しいところ……。

そんな時には「季節限定」だったり「今だけ出会える!」といった、出張で訪れたサラリーマンの方などがサクッと買っていきたくなるワードを、棚帯や什器下のタペストリーで打ち出してみてはいかがでしょうか!

数あるお土産や雑貨コーナーでは〝いかに目に止まるか〟が重要。ぜひみなさんの売り場の空いたスペースも、もったいない空間が余っていないか確認してみてくださいね。

棚帯こちらから→

タペストリーこちらから→

 

まとめ

いかがでしたか?

小さいポップも見せ方次第で大きな利益へと繋がります。お客様に役立つ情報や、見て欲しいキーワードを販促の力でどんどん打ち出していきましょう!

アサヒ・ドリーム・クリエイトでは公式Facebookも更新中!

みなさまに販促のノウハウをお届けするだけでなく、社内の和気あいあいとした雰囲気が伝わるような、小ネタ有りのYouTubeチャンネルのリンクも貼っていますのでぜひ休憩時間などにチェックしてみてくださいね!

Facebookこちらからチェック

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

YouTubeも見てね!

儲かりアドバイザー上野健二