週間販促担当者

マーケティング

最近気になる手書きPOP

こんにちは。
儲かる売り場アドバイザー伊藤です。

私は、街で見かけるPOPを記録として残しています。
写真を見返してみると「手書き風POP」の割合が多いことに気づきました。

ドラッグストアやコスメショップ、本屋さんや雑貨屋さんなどに多いイメージがありますね。

もともとマジックペン等で書いていたものが、パソコンの普及で当然のように活字化していき
誰でも手軽に作成できるパソコンPOPが多くみかけるようになりました。

商品数も増え、消費者の商品に対する知識も高まっている今、
よりお客様に伝わる味のある手書きのPOPが改めて注目されています。

消費者のニーズに合わせて、売り方やPOPの書き方なども変えていく必要性がありますね。
こんなことを私たちも考え、日々研究しています。

手書きPOPにすることで、より親しみや安心感があり、「お客様目線のメッセージ」として届けることが可能になります。

メーカーのメッセージをただ手書き風にするのではなく、商品独自の特長や長所を
色々な切り口で伝える事で、大きな効果を与える事ができるのです。

POPのこだわりに意識を集中して街を歩くとPOPって深いなあ~と感じたり、POPの重要性を改めて実感することができます。

実際に私もPOPの効果で無意識に引き込まれて買い物もします。

皆さんも普段何気なく通り過ぎる風景の中に多種多様なPOPがありますので
POPを意識して歩くのもいろんな発見があると思いますのでおすすめです。

この記事を書いた人

“自分らしさ”を大切に!感謝・初心を忘れず日々努力。
伊藤 Itoh 
売上向上アドバイザー

ストック型のネットサービス開発や、営業マン支援・ツール開発と運用までを担当。常に現場重視がモットー。アイスの食べ比べが趣味。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

マーケティング

付加価値のCD

マーケティング

POPの重要性

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二