週間販促担当者

デザインと制作マーケティング

令和現象で盛り上がる?

皆さん、こんにちは。
最近やっと趣味が増えてきて、春も夏も楽しみなコニシです。

もうだいぶスギ花粉もましになってきました(?)ね。

さてさて、そんな最近盛り上がった話題のニュースといえば
そう、「新元号」です!!
皆さん、発表の瞬間は見ておられましたでしょうか??
平成生まれの私にとっては初めての経験…なので
テレビでオンタイムに見たくて見たくて仕方なかったのですが、
まさかの会議中で、社長がパネルに書いて発表したときに知りました。笑

まもなく、「令和」の時代がやってきます。
一体どんな時代になるのでしょうか??
平和で安定した時代がいいなあ…なんて。

今回の新元号を決めるにあたっては、万葉集の序文を出典にしたといわれており、
「令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」といわれています。

また、外国政府に英語で説明する際には
「Beautiful Harmony」(=美しい調和)を使用することが発表されました。
とてもきれいな響きですね。
海外で「令」という字の意味を取り間違えて報道されたことが
こうなった要因だそうな…言葉って難しいですね。

何はともあれ新元号が決定し、新天皇即位が迫りつつある今、
各企業ではこの「令和」を中心に多くの動きが出てきています。

【新元号ブームに乗り遅れるな!】

日本各地が新元号で盛り上がり、発表されたその日から早速動きが出ています。

「平成」と「令和」を表裏にデザインしたクッションや、
Tシャツ、マグカップ、令和生まれの出産祝いグッズまで
幅広い製品づくりが『令和現象』によってものすごいスピードで生み出されています。

皆さんご存知の日本コカ・コーラさんでは、新橋駅前で
「コカ・コーラ」新元号ボトルの(「令和」とデザインされたラベルが巻かれた)サンプリングを配布するイベントを実施されました。
なんと、約5分でこのラベルのデザインをし、
手作業で巻いて用意したとのことだそうです!驚きですよね…。

また同日には、Twitterで「コカ・コーラ」新元号ボトルを
プレゼントするキャンペーンも実施されたとのこと。
記念として残しておく人も多いのではないのでしょうか。

こうした時代の動きに最速で乗っていくことができれば
話題性が高いだけあって、きっと広告効果も絶大となることでしょう。
(引用元:https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/04/2019-0401-1417-14.html)

名前が元号の「令和さん」も取材され、各メディアに載っていたりしました。

こうした“令和ブーム”は、いつまで続くでしょうか。
ブームというのは、いつか冷めてしまうものです。

きっと、5月1日の前後にもまた再熱することでしょう。
「平成最後」「令和最初」といったキャッチコピーが
あちらこちらで飛び交っています。
これもまた、大切な販促のチャンスですよね。
時代が大きく動くこの時、どんな面白い販促が出てくるでしょうか。

弊社でも営業から「令和パネル、作ってよ!」という声がすぐ上がり、
ちょこっと作ってみたりしました。笑
発表会見をイメージしたスタンドパネルと、写真撮影で楽しく使えるフォトプロップスです!
お客様への手土産としても喜んでいただいており、何よりです。

令和POP説明

新しい時代になれば、販促の手法や方向性も変わってくるのでしょうか?

2020年のオリンピック開催も近づいてきた今、
これからどんなコトが求められるのか楽しみです。

この記事を書いた人

いつでも妥協いたしません!想いをカタチに、笑顔をあなたに。
小西 温子 Atsuko Konishi
願い実現デザイナー

大阪芸術大学デザイン学科にてグラフィックデザインを学び、企画デザイン1期生として入社。
チラシ、パンフレット、名刺など販促デザインを中心に手がけ、現在3年目に突入。
好きなものはネコとフライドポテト。手探りながらも、日々奮闘中!
---
神戸市 中小企業柱巻広告デザインコンペ2016 最優秀賞受賞

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

マーケティング

どこまでできる?

デザインと制作マーケティング

パターンオブジェクトを扱う前に

マーケティング

上手に伝える方法

新規顧客を増やしたいマーケティング

販促は「皆さんへ」から「あなたへ」に

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二