週間販促担当者

デザインと制作

特色ってどうやって確認するの?

 

  • 「このデータ、特色が使われているかどうかどうやって確認したらいいですか?」

意外と、この質問を多く聞く気がします。

お客様からいただいたデータ、ダウンロードした素材など、ぜひチェックしておきたい項目です。
そのときは当たり前のように答えていましたが、ふと・・・

  • 「自分の確認方法って、本当に合っているのかな…?(^_^;)」

と思いました。
というわけで、今回は「特色のわからない」を解消するために
チェック方法や基礎知識についてまとめてみました!

早速解決!特色のあるなし確認方法

(1) 分版プレビューで確認する

今回は例としてこの画像に特色が使われているかどうか確認します。

  • (1) ウィンドウ > 分版(ぶんぱん)プレビュー

(2) 「オーバープリントプレビュー」にチェックを入れる
(3) 「使用されている特色のみを表示」にチェックを入れる

画像では「DIC 27s」といった表示がされているため、
「このデータにはDIC 27sという特色が使われている」ということになります。
ここに何もなければ、特色は使われていません。

(4) 「CMYK」の目のマークをはずす

「DIC 27s」のみを表示させると、どのオブジェクトに

特色が使われているか目で確認することができます。

CMYKの目のマークをはずすと、ピンクの星だけが表示されるようになりました。

(2) ドキュメント情報で確認する

 

  • (1) ウィンドウ > ドキュメント情報 > 特色オブジェクト

(2) データ内のオブジェクトを全選択する

(3) 特色オブジェクトの覧の表示を確認する

ここで注意したいのが、
「選択したオブジェクトに対しての情報」が表示されるため
何も選択していない状態だと「特色オブジェクト:なし」という表示になる…という点です。

(3) スウォッチで確認する

  • (1) ウィンドウ > スウォッチ

特色には四つ角の右下に、白い三角と黒い丸の特殊なマークがつきます。
スウォッチにこのマークがついた色がある場合、
データ内に特色が使用されている可能性が高いですが、
情報が残っているだけで実際にはその色が使われていないこともあるため、
基本的に「(1) 分版プレビュー」「(2) ドキュメント情報」での確認をオススメします。

そもそも、特色ってなんだろう?

特色は、スポットカラーなどとも呼ばれます。
CMYK(プロセスカラー)以外の特別に指定するカラーのインキのことです。
一般的な印刷は、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(黒)という4色の「網点」で成り立っているため、それ以外のインキを使用する際は指定しなければなりません。

どんなときに特色が必要なの?

CMYK印刷では表現できない色味を表現したい!というときに使用します。
例えば…
・CMYK印刷では鮮やかに表現できない色
…金銀、蛍光色など
・会社や商品名のロゴ
…安定して同じ色で表現したいものなど

色は混ぜ合わせると濁っていきます。
特色はそういった濁りを避け、鮮やかに美しく仕上げることができます。

なぜ、特色のあるなしをチェックしなきゃいけないの?

「印刷時に特色の指定をしていないのに、データに特色が使用されている」場合、
(1) 特色の部分が、CMYKカラーに変換されて印刷される
(2) 特色の部分が、白く抜けて印刷されない
といった問題が出てきます。

  • 「想像してた色のイメージと全然違う!」

といった事態になりかねません。
もし本当に特色を使って印刷する場合は、
特色用の刷版(オフセット印刷で使う、色ごとの版)の用意が必須で、
かかる費用はもちろん、あとの工程も変わってくるため、必ず確認が必要です。

特色をCMYKへ変換する方法

データ内に不要と思われる特色を発見!
以下の手順で、CMYKのみのデータへ変換できます。

(1) ロックされてるオブジェクトがないかどうか確認

(2) アートボード上のオブジェクトを全選択

  • (3) 編集 > カラーを編集 > CMYKに変換

見ているぶんには…

個人的には、街中で蛍光色のビビッドな色が使われた広告を見かけると、
「おっ^ – ^!」
とついつい見てしまいます。
オシャレな印刷物だと、無意識に手に取り「持って帰ろう」となることもあるような…。
特色のチカラってすごいですね!

 

データを扱う際は、スムーズな進行のために気をつけていきましょう!

参考

Adobe – 特色とプロセスカラー https://helpx.adobe.com/jp/indesign/using/spot-process-colors.html

この記事を書いた人

一笑懸命あなたに寄り添い「キモチ」を「カタチ」にクリエイト!
粕谷 羽蘭
お悩み解決デザイナー

京都府出身。2015年に企画デザインで入社。
POPやパンフレットなど販促ツールデザインを主体に、採用活動のお手伝いなども。
かわいいイラスト制作が得意分野!趣味は音楽を聴くこと。
---
神戸市 中小企業柱巻広告デザインコンペ2016 最優秀賞受賞

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

ファイトいっぱつ!!

儲かりアドバイザー上野健二

思いきって「価値の伝え方」を変えてみませんか?
営業部長
ウェルダン新井