週間販促担当者

デザインと制作

知って損なし! 皆に優しい「メディア・ユニバーサル・デザイン」Vol.1 -文字編-

こんにちは。
会社でも家でももう暖房を入れ始めている寒がり小西です!
すっかり秋になり、紅葉シーズンの広告も増えてきたのではないのでしょうか。

そんな広告が並ぶ中、皆さんが読みたくなる文字はどんな書体ですか?
目を惹かれる伝わりやすい色は、どんな色でしょうか?
そしてそして、文字と色が密接に関わった
『MUD(メディア・ユニバーサル・デザイン)』をご存知でしょうか?

今回この話をしようと思ったきっかけは、先日ある企業が主催するセミナーに参加し、
「デザイナーなのに、読み手のことを何もわかっていなかった!」と衝撃を受けたためです。

私たちが普段から見ている広告の色や文字は、
鮮やかで美しいもの、細かい文章がきれいに並べられているものなど
消費者の様々な視点を狙って作られています。

しかし、それは見る人によっては、
時に見づらく、比較や判断しづらい文字選び・色使いになっていたりするのです。

「え?大体みんな同じ様に見えてるんじゃないの??
赤は赤、緑は緑。文字だって、少し小さくてもちゃんと見えるし問題なし!」

それは、本当に共通した「当たり前」でしょうか?

そこで!今回は、

『知って損なし!皆に優しい「メディア・ユニバーサル・デザイン」Vol.1」をお送り致します!

高齢になると『老眼(文字がつぶれて見えづらい)』『白内障(文字がかすれて見えづらい)』の方がぐっと多くなってきます。
老眼は40代から進行し、白内障は50代で50%、60代で60%〜70%程にも及びます。

また、『色覚障がい(特定の色が判別しづらい)』の方は、
日本国内でおおよそ300万人以上、割合でいうと男性の5%(20人に1人)、女性の0.2%(500人に1人)いるといわれています。

こう考えると、かなりの割合で
文字や色に対して不便さを感じる人がいることが分かりますね。

そもそも、どこに不便性を感じるのか?

「文字が小さく、行間も狭いから読みづらい・・・」
「背景と文字が同系色で、判別しづらい・・・」

これらは、高齢者の方や色覚障がいを持つ方々にとっては
大きなストレスとなります。

では、どうすれば不便さをできるだけ軽減し、
見やすく伝わりやすい広告・デザインにできるのでしょうか?

今日はその第一弾として、まず「文字(フォント)」について
ご紹介していきたいと思います。

文字はどのように見えている?

中高年層になると目の調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせづらくなってきます。
これが『老眼』で、ぼんやりと文字がつぶれて見え、小さい文字や行間が狭いものを読むことが困難になります。

また『白内障』は、年齢とともに目の水晶体が
次第に白濁することにより発症するもので、
視界が全体的に黄色く濁り、文字がぼやけたりかすむため認識しづらくなります。

伝える仕事であるデザイナーとして
自分以外の人たちがどんな風に見えているのか、知っておきたいものですね。

見えやすい書体を選ぼう!

こうした不便性を少しでも軽減するために、
UDフォント(ユニバーサルデザインフォント)の開発・使用が進んでいます。

 ー UDフォントとは? ー

    UD(ユニバーサルデザイン)のコンセプトである、
    ”できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザイン”をもとに作られた書体(フォント)で、
    生活の中で「使いやすさ」「見やすさ」など細部まで配慮・工夫されたデザインになっています。

★UDフォントは、次の4つの特性を重要視して作られています。
 ①視認性  :一つ一つの文字が見やすいか
 ②判読性  :2つ以上並んだ時に、違いがわかるか
 ③デザイン性:統一性があるフォントになっているか
 ④可読性  :長文で並んだ(文章)時に、読むことができるか

視認性・判読性としては、
一文字の中の白場を大きくとることで、
ぼやけても違いがわかりやすいものになっています。
また、デザインもシンプルなものになっており、
大きくはっきりとしたフォルムで、文章になった場合の可読性も失いません。

本当によく考えられていますね。

文字は、適切なフォント・サイズ・行間を使おう

自分が読めるからといって、適切な文字サイズとは限りません。
読み手(ターゲット)の年齢層や伝えたい内容を考慮してデザインしましょう!

《標準値としての目安:文字サイズ》

 16歳〜50歳くらいの方(老眼前)   :9〜10ポイント
 小学校 中〜高学年、中高齢の方(老眼):10.5〜12ポイント

また、文字サイズ・行の長さに合った行間を設定することも
見やすさをUPさせる重要なポイントです。

《標準値としての目安:行間》

 文字サイズに対して、0.5〜0.8ポイント分あける(あけすぎてもNG!)

「これはお洒落なデザインにしたいから、フォントはこれじゃないとダメなんだよ!」

なんて方も、多いかと思います。
すべてUDフォントにする必要は、もちろんありません。

「ここ、読みづらそうだな〜」 「文字小さくしたら、急に読みにくくなったな・・」

そう感じた部分だけでも、UDフォントに変えるだけで
読みやすさはグッと高くなります。
例えば、商品の説明文、価格表記、注記などなど・・
『ちょっとした工夫』をできると良いですね!

いかがでしたでしょうか?
同じデザインでも、人によってこんなにも見え方は異なっているのですね・・・
皆さんも幅広い視点を持てる、優しいデザイナーさんになってください♪

さてさて次回は、
Vol.2 ユニバーサルデザインの『色』についてご紹介します。

お楽しみに〜〜^o^

この記事を書いた人

いつでも妥協いたしません!想いをカタチに、笑顔をあなたに。
小西 温子Atsuko Konishi
願い実現デザイナー

大阪芸術大学デザイン学科にてグラフィックデザインを学び、企画デザイン1期生として入社。
チラシ、パンフレット、名刺など販促デザインを中心に手がけ、現在3年目に突入。
好きなものはネコとフライドポテト。手探りながらも、日々奮闘中!
---
神戸市 中小企業柱巻広告デザインコンペ2016 最優秀賞受賞

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

ファイトいっぱつ!!

儲かりアドバイザー上野健二

思いきって「価値の伝え方」を変えてみませんか?
営業部長
ウェルダン新井