週間販促担当者

ざんねんな販促物

【ざんねんな販促物】もう一押し!惜しいPOP編~

こんにちは!連日ニュースはコロナウイルスの報道が続いていますね。
ドラッグストアに行った際は一応マスク売り場を見てみるのですが、やはりどのお店でも完売状態。人が多く集まる場所はなるべく避けたいところなのですが、一方で、暖かくなってきたのでどこか出かけたいという気持ちもあり、なんだかモヤモヤした日々を過ごしています。

さて今日はドラッグストアの歯ブラシ売り場で見かけた「惜しいPOP」についてです。
突然ですが、皆さんは歯ブラシをどれくらいの頻度で交換していますか?


私は1か月に1回、月初めに交換するよう習慣づけています。
というのも、以前SNSで「1か月で交換するべき理由」を見かけたからです。

その理由とは・・・
1. 毛数が抜けて減ったり、毛先が折れることにより汚れが落としきれなくなる
2. 毎日の歯磨きの中で歯ブラシに沢山の菌が付着する
3. 歯ブラシ特有の毛先の弾力性がなくなり、歯茎や歯を傷付けやすくなる

私はSNSで見た2.の内容で「使い続けているうちに菌が付着する」ということが衝撃でした。キレイにしているつもりが、逆に菌がついているブラシで磨いているなんて驚きですよね・・・!?
それまでは「毛先が開いたとき、磨きにくいと思ったとき、なんとなくのタイミングで交換」していたのを、絶対に1か月で交換する、という習慣に変更しました。

歯ブラシ売り場を見ていると、あるPOPに気が付きました。

  「新習慣!歯ブラシは月1回交換しましょう!」

このPOPを見て私は「そうそう、月1で変えたほうがいいんだよね」と思ったのですが、よく考えると惜しい・・・!!!!

ざんねんポイント 交換するべき理由が分からない

先ほどのPOPの内容だけでは、月1交換するメリット(交換しないデメリット)が全く分かりません。それが分かる他のツールもなかったので、POP自体は目に留まるのに説得力に欠けていて惜しいPOPでした。

改善すればまとめ売りのチャンス!

私は月1交換を習慣づけるようになってから、歯ブラシはある程度まとめて買うようになりました。ストックがあると買い忘れや交換忘れもなくなりますね。

「月一交換するべき理由」を訴求するPOPを新たに作って設置することで、提案POPがより生かせると思います。
また、ボードなどの大きめの販促物でこれらを訴求したうえで、まとめて買うと安くなる「〇点で□□円」というようなバンドルセールを同時に組んでみるのも売り上げUPにつながる施策になりますね。

ざんねんな惜しいPOPでも、ひと工夫することで売り上げUPツールに変えることができます。販促物に対して、様々な角度からの「なぜ?」を投げかけてみましょう!

この記事を書いた人

昔も今も現役バリバリ!
感性と感覚は、当時よりもっと研ぎ澄まされています
朽木 真衣
売上向上アドバイザー

流行も新しい情報も常に知っておきたいミーハー販促主婦。広告代理店の営業時代はクライアント様に提案する立場、結婚を機に退職し、今は消費者目線で【伝わる販促】の店舗調査をしています。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二