週間販促担当者

ざんねんな販促物

【ざんねんな販促物】使っていませんか?販促NGワード

こんにちは!ようやく春の足音が聞こえ始め、我が家では盆梅の花が咲きました!
ふきのとうを収穫したり、外ではウグイスの鳴き声が聞こえたり・・・
田舎在住なのが伝わるでしょうか・・・笑
売り場でも春を意識したディスプレイがパッと目を惹き、どこかワクワクします。
新生活、新入学、新学期、新年度・・・
大きな変化がない私でも「何か新調したいな」とディスプレイに刺激されてしまいます。

私個人の感覚としては、この時期は冬物を買うには残り物という感じであまり購買意欲が沸かず、
春物を買うには早いと思う方も少なくないため、売り上げが伸びにくい時期だと思います。
閑散期のこの期間を有効に活用して、店頭での販売促進をしっかり考えて実施していきたいですね。

【閑散期に取り組みやすいこと】
・丁寧で積極的な接客をする
・POPなどの販促物を作成し設置する
・レイアウトやディスプレイを一新してみる

など様々な方法があります。

では、この接客や販促物で使いがちなNGワードって何だと思いますか?

【オシャレ・かわいい・かっこいい・おいしい・甘いなど当たり前のことを言わない】

例えば、アパレルの接客で、服を見ているときに店員さんから
「これ、かわいいですよね!」「この部分がオシャレなんですよ~」
というような接客を目にすることありますよね。

アパレルにおいて「オシャレ」「かわいい」「かっこいい」は当たり前。
当たり前のことを言われても「はぁ、そうですね・・・」となり、
この接客で購入に繋げることは難しいですよね。

この場合は
「これ、かわいいですよね、着回ししやすいので人気です
「着てみるとシルエットがとてもキレイなんですよ」

など、その商品の良さを伝えることが大切です。
人気商品であることや着用時の印象など

そのお店で働いている人・その商品に詳しい人しか知らない情報を
お客様に伝えることが販売促進なのです。

 

ちなみに私は「一度完売したんですが、再入荷でやっと少しだけ入ってきたんです!」なんて言われると心がグラグラ揺さぶられます。笑

今回は服で例えましたが、食べ物でも同じで「おいしいですよ!」「甘くておいしい〇〇です」とPOPに書かれていたとしても特に惹かれませんよね。
どうおいしいのか、どんな食感なのか、というように一歩も二歩も踏み込んだ商品説明があって、やっと興味関心を持たせることができます。

そのためにも、閑散期には商品についての知識を増やす時間を設けるのもよいでしょう。
書店で雑誌の表紙をサラッと読むだけでも、最近の流行ワードを追うことができます。どんな表現がいいかピンとこない・・・と悩んだ時にはオススメの小ワザですよ(^^)

春はなにかと入り用が増える季節です。
そんなお客様のニーズにしっかり応えられる店づくり・販売促進に努めていきましょう!

この記事を書いた人

昔も今も現役バリバリ!
感性と感覚は、当時よりもっと研ぎ澄まされています
朽木 真衣
売上向上アドバイザー

流行も新しい情報も常に知っておきたいミーハー販促主婦。広告代理店の営業時代はクライアント様に提案する立場、結婚を機に退職し、今は消費者目線で【伝わる販促】の店舗調査をしています。

このスタッフの記事一覧を見る

TAGS

// RECOMMEND POST この記事も読まれています!

今日もお仕事がんばりましょー!今日のやる気がでる一言はコレ!

いい気分ですね〜!!

儲かりアドバイザー上野健二

オススメ記事を紹介します!
儲かりアドバイザー
上野健二