企業の社会的責任

我々が考えるCSRは、身近で手の届く社会、コミュニティへの貢献を主な活動としています。
仲間とお客様、そして地域のみなさまに対して、思いやりをもって貢献することは、
わが社の取り組む重要な企業活動のひとつと考えております。
わが社の宣言に「仲間・お客様・社会を思いやる会社」を目指すものがございます。
その宣言を実現するべく、各拠点(大阪・東京)にプロジェクトグループを設け、組織的に活動しております。

身近な社会 人に貢献

レット症候群 / Rett Syndrome

レット症候群は、女児の10,000人~15,000人に一人の確率で起こると言われている
神経系を主体とした特異な発達障害です。
この難病を知る、そして支援するきっかけになったのは、社員の家族の発症によるものでした。
レット症候群と病名が特定できるまでかなりの時間を要した体験から、
わかったことは日本ではレット症候群の認知が低いこと、そして認知活動がまだ活発ではないことでした。
なぜレット症候群の認知が低いのか、レット症候群の患者さま、ご家族はどう過ごされているのか。
2011年9月5日、全社員が参加する全体会議にNPO法人レット症候群支援機構の代表谷岡哲次氏をお招きし、
支援機構の活動やレット症候群の現状について学ぶ機会を設けました。
その折「私達は私達の出来る事を継続的に協力したい…」
代表取締役の言葉よりわが社はレット症候群機構への支援活動を開始しました。

2011年9月より、社員の自主的なプロジェクト活動の中で当社の「おおきにカード」を活用した募金活動やシンポジウム開催時の保育ボランティア、NPOの法人レット症候群支援機構の定時総会では時間をいただき、レット症候群のお子様のご両親へ救急救命講習をしています。2013年にはレット症候群を少しでも知っていただくことが出来るお手伝いを出来ればと絵本を作成しポスターと共に公民館などへ設置をしました。

具体的な支援活動

賛助会への入会 / 保育ボランティア / 救急救命講習 / 募金活動
レット症候群認知促進 絵本制作 / ポスターと共に公共施設に設置

  • ▲ 弊社政策のレット症候群認知促進のための絵本 ▲
  • ▲ 救急救命講習の様子 ▲

    ▲ レット症候群募金箱 ▲

身近な社会 人に貢献

現在わが社は、本社のある大阪府枚方市と、東京オフィスのある東京台東区において
月1回ペースで清掃活動を継続しております。

2014年より月1回ペースで清掃範囲の清掃を実施。

清掃範囲

2014年より月1回ペースで清掃範囲の清掃を実施。

清掃範囲

活動報告Activity report